浅草−東京マイノリティ

東京マイノリティ

浅草ー東京マイノリティ

NOAH
こんにちは!NOAHです。

浅草寺で産湯につかり、今も浅草に住んでいるNOAH(のあ)がガイドブックになんて載っていないディープな浅草をご紹介していきます。

よく「浅草から来ました!」と言うといつも「わぁ〜」東京の人って言われるんですが、実は私も含めこの街の人は東京の稀少な田舎っぺ。

だってこの街で生まれてこの街から出ないんだもの(笑)

街での会話はいつも昭和?

飲食店に行けば…「さっき○○ちゃん来てたよ!」「待ち合わせじゃないの?」

商店街で買い物に行くと…「今日は一人?奥さんは?」

初めて会った人には必ず…「何小(小学校)?」

昨日「六本木に行って〜」なんて言えば…「あそこは田舎っぺしか行かないし狸が出たところだ!」

と帰ってくる。

それいつの時代だよ〜???

みなさんの地元と同じ会話じゃないですか?

でもみなさんの地元と違う所は、家が近い!と言うよりくっついてる!

しかも!道路からいきなり家ってこと。

だから夏になると…

道を歩いているだけで、家の中から平気で「いってらっしゃ〜い!」だの「お帰り〜!」って言うのが当たり前の世界。

YOKO(奥さん)なんか慣れない着物を着て出かけるときには必ず、「駅に着く迄にみんなが着付けを直してくれるから、大丈夫!」って胸はって出かけて行くし…

話が進むとすぐに戦前、戦後にタイムスリップ

「昔はね〜」

変わりゆく東京には興味なし!で古き時代をしっかり語り継ぐ姿勢がたまらない!

各言う私も負けじと話してるけど…

そんな、私の生まれたガイドブックに書いていない街のことを書いて行きたいと思います。